恋活戦記

独身アラサー女子の日々の戦いを記録。合理的に戦う方法と出会った男達を毒舌に紹介します。

恋活強化合宿をしてみた【1日目街コンで妖怪遭遇編】

GWは特に大きな予定もなく、遠出するのもお金が掛かるので、お馴染みのL子と恋活強化合宿なるものを開催してみた。

もう最近はまったく戦場にも行かず、アプリも開かず、やる気皆無の平和ボケ状態なので1泊2日の短期集中で戦場に繰り出す作戦だ!!!

 

まず、モチベーションを上げる為、宿は都内の高級ホテル。(とはいえ庶民なのでセールとクーポンでお得に予約&カップルでもないのにダブルベッド)

そして戦いの夜に備えて、昼は泊まるホテルのアフタヌーンティーで優雅に過ごし、テンションを上げる。

更に素敵なお部屋でのんびり過ごしながらも徐々に戦闘モードに切り替えて作戦会議。今宵の戦場となる街コンを決めてネットで当日予約完了。

 

ちなみにチェックインの時にフロントのお兄さんが私達を見て「ダブルベッドのお部屋ですがよろしいですか??」と聞いてきた。笑顔で「大丈夫です!!」と答えたが完全にレズだと思われたと後から気づく😂

 

夕暮れになり、ホテルを出る頃には雨ザーザー降りになっていて出るのが億劫になる。こんな雨の中、人は集まるのだろうか。

 

会場に着くと割と人は集まっていて一安心。

しかし記載はなかったのに荷物預かり代を請求される。大きい荷物はホテルに置いてきて最小限で来た意味がない。

 

この街コンは女性が壁際に沿ってバーチェアに座り、男性はテーブルを挟んで女性の前に立ち、時間が来たら男性が隣のテーブルに動いていくシステムのようだ。

イケメンが居る訳ではないが、モンスター的なヤバイ奴が居ない。これはなかなか珍しい事だ。それなりに楽しくいろんな人と話せた。

 

そして魔のフリータイム突入。

男性が自由に好きな女性の所へ行けるシステムだ。

毎度このパターンでヤバイ奴が来なかった事がない。

大抵1人参加軍はヤバイ奴が多いが、やはり何故か私とL子の所には1人参加者が集う。

はじめに、見た目年齢40代のヘロヘロした舌足らずな喋り方の枯れてるオッサン1名がご来店。いらっしゃいませ。

なんだか無駄に距離近くて唾飛んでくるし話つまらないしどっか行ってくれないかなぁと思っていると、妖怪のような見た目の2人組が割込み参加。一つ目小僧海坊主だ。

急に「一緒にいいですか〜」と枯れてるオッサンを押し退けて入ってきたので枯れてるオッサンはちょっとイラッとしている。

妖怪2人は一緒に魔界からやってきたのかと思いきや、それぞれ1人参加で先程タッグを組んだらしい。単品でもかなりパンチが効いているというのに最強の2人がペアを組んでしまったものだ…

基本的に2人参加の人ばかりなのに、アクの強い1人参加者がここに3人も集まってきている。毎度毎度、まったくどういう事なんだ/(^o^)\笑

 

一つ目小僧は妖怪なので空気が読めず、枯れてるオッサンと私達の会話を遮って強い目力で箇条書きの様な質問を次々としてくる。

「いくつなんですか?」

「想像にお任せしまーす笑」

「〇歳くらい?」

「まぁそのくらいですね〜」

「じゃぁ〇歳くらい?」

ここで空気の読めない一つ目小僧に枯れてるオッサンからナイスツッコミが入る。

「あのさぁ濁してるって事はあまり言いたくないって事なんだからさ(苦笑」

全くその通りだ。

枯れてるオッサンが常識人に思えてくる。

世の中にはこれが解らない男が多すぎる。

年齢に限らず、住んでいる場所だとか。

濁してるのに正解が出るまで当ててくる輩ばかりだ。

こちとら正解当てゲームをしたい訳ではない。

 

すると一つ目小僧は「僕いくつに見えます?」と聞いてきた。身体が小さく目が大きく童顔だが、血色や肌ツヤが悪くシワも多い。

妖怪なだけに年齢不詳だ。

降参すると26歳だと正解を教えてくれた。

意外と若い。。笑

 

便乗して枯れてるオッサンも年齢を教えてくれたが、なんと33歳だと言う。

え、枯れ過ぎじゃない??😂

思わず「40代かと思ってました〜!!」と正直に感想を述べると「えぇ!?それはショックなんだけど〜…」と余計に枯れてしまった。

 

ここでついにずっとだんまりだった海坊主が口を開いた。

「僕何歳だと思います?」

海坊主は30代後半くらいに見えた。

しかし正解は24歳!!!Σ(゚ω゚ノ)ノ

その日一番の驚きであった。

本人も上に見られるのは日常茶飯事らしく、私達を驚かせられた事に大満足でドヤ顔。

 

海坊主の年齢ギャップに一時場が盛り上がったが、視界に強烈な3人を入れているのがそろそろ限界になってきた。

席替えタイムまであと数分の我慢と思い、ラストスパートをかけて楽しくもないのに笑顔を振り絞り心の中でカウントダウンをしていた。

そして待ちに待った解放の時。

早くどっかに行ってくれ( ꒪⌓꒪)

「じゃぁLINE交換いいですか??」

当たり前のように一つ目小僧が言った。

・・・・・・

私とL子はただただ固まった。

ブロックすれば良いからと言うが、ブロックしても自分のLINEから表示が消えるだけで相手のLINEの友達リストにはアカウントを替えない限り永遠に残る。今後プロフィール写真を替えてもずっと相手から見られる事になる。恐怖でしかない。

 

「…LINEはごめんなさ〜い🙏💦」

 

意を決して申し訳無さ気に断ってみると、3人は予想外過ぎたのか驚きを隠せない様子。

枯れてるオッサンはかなりガッカリしたようで余計にヘロヘロ感が増した顔で苦笑い。

「俺元パイロットだよ〜?良い奴も紹介できるよ〜?」

こんなヘロヘロなパイロットの操縦する飛行機には乗りたくないし信じがたい。

必死に自分のレベルの高さをアピールするが逆効果でみっともない。

妖怪2人はというと…

 

真顔で斜め45度に視線を下げ、瞬きもせずに無言で固まっている。2人の表情は完全に一致していた。妖怪は皆このような仕様なのだろうか。

いかにも女性慣れをしていない最下層の位置にいるのにプライドだけは高く、経験もないから振られた事もないのだろう。

そのまま目が合う事も言葉を発する事もなく去っていった。

 

この街コンはツーフロアで開催されていて、最後のフリータイムでは女性も移動自由だったので、常に妖怪の居ないフロアに逃げるように移動していた。

 

しかし移動しても移動しても気付くと妖怪達が同じフロアに居るではないか。

怖い。怖すぎる…!!!(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

女性が全く捕まらない妖怪達はひたすら探し回っている模様。その度にこちらも懲りずにフロアを移動していたが、街コンも終盤になり他の男性達と喋っていると何やら妖気を感じて身の毛がよだつ方向を見てみると、妖怪2人が真横の席でこちらをガン見しているではないか!!!(;´༎ຶД༎ຶ`)

とにかくここに居てはいけない気がして、喋っていた男性達を置いてそそくさとフロアを移動した。もう数分で閉会となるので、隅で司会の挨拶が始まるのを静かに待っていた。

 

 

油断していた。

 

気付くと目の前に妖怪2人が座っている。もはやホラー。

 

「ここいいですか?」

断る訳にもいかず苦笑いでうなづく。

「連絡先教えてくれなかったの2人だけだったので悔しくて。俺達の事覚えてます?」

さっきとは打って変わって海坊主が主導で会話をしてきた。一つ目小僧は黙って不安そうに眼力を飛ばしてくる。

先程あんなに盛り上がったはずなのに連絡先を断られたのが納得いかないといった様子。

犯罪でも起こしてしまいそうな執着心が怖すぎる。

「もちろん覚えてますよ〜」

と答えると、じゃぁ何故??という顔をしている。断られたのは何かの間違いだと思いたかったようだ。そして海坊主はまた笑わせて盛り上げてリベンジしようとひたすら自分の話をしてきた。

「俺学生時代、仙人ってあだ名だったんすよ」

「え〜ウケるね〜」

と上辺で笑ってみるが、ここから逃げ出すタイミングをひたすら伺っていた。

司会が閉会の挨拶を話し始めたので、「あ、始まった!」とまるで花火大会が始まったかのようにさりげなく場所を移動。しかしもう他のスペースも埋まっていて居場所がないので司会者の目の前の場所で妖怪がついてこないかウロウロしていると、優しい司会者が「どうしました?」と声を掛けてくれた。

事情を話して先に帰らせてもらえる事になり、急いで会場を出た。預けた荷物の番号札を受け付けの人に渡して待っていると、直後に閉会したようで他の参加者も皆勢いよく外に出てきたが、なんと先頭に妖怪2人が居るではないか(((;꒪ꈊ꒪;)))

追いかけられている…???

 

とにかく恐怖で、荷物を受け取ったら雨の中全力ダッシュで駅へ向かった。この胸糞悪い気持ちのままでは今夜は終われない。ついてこられていないのを確認して電車に乗り込み、次のステージへと向かった。

 

→つづく

人の気持ちは計り知れない

↑前回の続き

 

勇気を振り絞って誘ったのにスルーされ、

100%脈ナシと思われた相方くんからご飯を誘われたという展開。

 

やはり脈ナシ判定を早まらず良かった…!!ヽ(;▽;)ノ

 

2人で会ってみると4人で盛り上がってた時よりも

楽しくはないʕʘ‿ʘʔ

そりゃみんなで盛り上がる時とはテンション違うわな。

 

2軒目はバーに行って距離も縮まってきたのでついに真相に迫ってみた。

 

「私の誘いスルーされたからまさか相方くんからゴハン誘ってくれるとは思わなかったよ笑」

「え?俺スルーした??笑」

 

自覚がない模様(°_°)

 

そして私からのLINEを見返してみる彼。

 

「…なんか改めて読むと嬉しいね笑」

 

嬉しいのか…!!?

もし脈ナシだったら嬉しくはないよな!!?

 

「みんなで飲もうって言われるし、お誘いもスルーされるし結構凹んだんだよ〜笑」

「いやいやでもさ!他のLINEスタンプの話をするって事は、わざわざこのLINEスタンプをクリックしてこのページに飛ぶっていうアクションをしてるんだよ!?それは興味なかったらしないでしょ?笑」

 

やはりそこは筆者の読み通りだ。

 

「マジで前のめり男に聞けば解るから!!!聞いてみてよ!!!笑」

 

ん?何が解るのだ…??

 

「いやだからさ、この前出会った日の帰りにめり男とさ、今日は良かったね〜って話してたんだよ。それでお互いどっちがいいかって話したんだけど丁度好みが分かれてさ、良かったなぁって…まぁそうゆうこと。」

 

・・・・・・・

 

ん?

 

前のめり男と好みが分かれた…だと?

結構ショッキングな事をサラっと言いやがったな。

 

「…つまり、L子が良かったって事?」

「いやなんでそーなるんだよ!!!だったら俺最低じゃん!!笑」

 

ん???

 

「…じゃぁ私って事???」

「そうだよ!あ〜何で俺こんな事言ってんだよ!!笑」

 

え?混乱/(^o^)\

 

「だって自分で言うのもなんだけどめり男くんに好かれてる気がするからさ。笑

好みが分かれたって事はそうゆう事かなぁと…」

 

「いや、あいつはL子ちゃんが良いって言ってたよ?」

 

マジかい。それ本当だったら私かなりの勘違い野郎じゃん…!!!/(^o^)\

 

「L子はめり男くんからお誘いLINEきてないって言ってたけどなぁ…」

「マジか!あいつ何やってんだよ笑」

 

なんか冗談でも無さそう。

本当にこれが真実なのか…??

どうしても信じがたいのだが。笑

 

考えられるのは…

どっちが良いかって言うのを相方くんが先に答えたからめり男は違う選択肢を言ったか、

私が嫌悪感を抱いてめり男と目を合わせなかったから脈ナシと察して諦めてくれたか、

とにかく狙われて無かったとはとても考え難いのだ…!!笑

 

人の好意って解りやすいと思っていたけれど

こんだけ予想外の結果だと今まで無理な人からばかり好かれてしまうと思ってたのも筆者の思いこみだったという可能性すら出てきた\(^o^)/

 

真実の世界は

どっちだ?

現在公開中の『パラレルワールド・ラブストーリー』のキャッチコピーを拝借。

まだ観てないけど←

あの映画ものすごく気になっていて今めっちゃ観たいのです…!!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

◆脈ナシ判定その前に鬼ポジティブに脈アリ想定

↑前回の続き

 

解散した後、前のめり男から早速次のお誘いLINEがきたが、本命の相方くんからはこない。

自分から送ろうかと悩むが、2人は友達なのに前のめり男の連絡をスルーしといて相方くんに送りにくい。。

デートに持っていくにしても自分から誘うとなると前のめり男の誘いを断りにくい。。

お願いだからそちらから連絡をよこしてくれ!!!(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

そして、我慢の甲斐あって夜遅くに連絡がきた。

文末には「またみんなで飲もう」と書かれてあった……

みんなでかーーーーい!!!!😂

完全に脈ナシだ。

 

何故生理的に無理な前のめり男からは普通に誘われて、いいなと思う相方くんからは軽く牽制されてしまうんだ。。

 

ここで気になったのが、一緒に連絡先交換したL子は2人から何て連絡がきたかだ。それで真意が解ると考えた。

聞いてみるとL子は前のめり男からのお誘いは無く、相方くんからは普通に「飲もう」ときたと言うではないか!!!!!!

これは完全に前のめり男→筆者、相方→L子狙いと推測される。

そもそもこうゆう場合、男同士でターゲットが被らないように誰狙いかをお互いに打ち明ける節がある。前のめり男が明らかに私狙いのせいで相方くんが流れた可能性が高い。

 

私は数年封印していた肉食モードを発揮して大きく出てみた。

2人でもゴハン行きたいな♪( ´艸`*)」

と相方くんにダメ元で送ってみたのだ…!!

 

逆に前のめり男にはみんなでまた集まろう♪」と返信した。笑

前のめり男からははすぐに「やったー!!」と返信がきたが、本命の方からはなかなか返信がこない。

 

やっときた返信には、私の渾身の一撃が華麗にスルーされていて全く関係の無い話に変わっていた。

完全に脈ナシだ😂

これ程の脈ナシは見た事が無いというくらい脈ナシだ。

今までの私ならここで大人しく身を引いてきた。

しかし諦めてきたからこそ、相手の真意を確かめられた事はない。

 

ここで一度、とんでもなくポジティブになってこの状況で脈アリの場合を考えてみた。

彼は男のプライドとして自分からデートに誘いたかったのかもしれない!!!!🤔

なのに私から誘われてしまったのでここは聞かなかった事にして後日自分から誘おうとしているのかもしれない!!!!!🤔

 

え?ちょっと無理ある…??笑

 

でもなんとなくまだ希望はある気がした。

何故ならスルーして全く関係のない話をしてきた内容が、私の制作したLINEスタンプの件であった。

私はLINEクリエイターズスタンプを2つ制作していて、そのうちの1つを連絡先交換時に送っていた。

しかし彼からきた内容は送っていないもう一つの方のスタンプの内容であった。

そのスタンプの存在を知るには私の送ったスタンプをクリックして、そのスタンプのクリエイターズアカウントをクリックして他の作品を表示させないといけない。興味の全くない相手に対してそのアクションをするだろうか!!!

 

そんな微かな望みを持って私はスルーされた事には触れず、新たな内容で楽しく会話を続ける事にした。

普段だったら「え?スルーされた?😂笑」とか冗談ぽく突っ込んでしまうのだが、これでは好転する気がしない。

彼のペースに合わせて会話をしていると、翌日以降も連絡は続いた。

しかも彼からは写真が送られてきたり、毎度メッセージに質問の一文があり、会話を継続させようとする意思が見られた。

あんなに脈ナシ決定だったのに

これはもしかしたらもしかするのでは…??

 

そしてついに3日後、私から誘った事は無かったかのように彼から夜ご飯の誘いがきたのだ!!!!

 

やはり私のポジティブ推理は当たっていたのか…!?

真相はいかに!??

つづく。

戦場に疲れてアプリ。アプリに疲れて舞い戻る戦場。

ご無沙汰しております。

引っ越し準備に追われていてガチ恋活は一時休戦しております(。-∀-。)

 

今まで忙しい時や戦場に繰り出す仲間が見つからない時はアプリに頼るのが1番効率が良いと思ってやって参りましたが、最近はオンラインの出会い探しややり取りに疲れてアプリはめっきり開かなくなりました。

体力的疲労よりスマホと向き合う精神的疲労がネックで、忙しい時ほど戦場に出向くスタイルに変わりつつあります。

 

そんな中、オフラインで出会えるマッチングアプリコラボのスイッチバーがオープンしたので行ってみた!

マッチングアプリのやり取りから始めて待ち合わせ場所として使っても良いし、普通にバーとしてここで出会う事も可。

よくあるスタンディングバーと同じチケット制。

 

しかし他のスタンディングバーと違って良いなと思った点は、店内がお洒落で椅子が多い。(休日・祝日は椅子が除かれてる事も)

そして壁が多い造りになっていて死角が多い為、店内全体が見渡せるオープンな箱だと落ち着かなかったりギラギラ物色してくる視線に居心地が悪いと感じる筆者のようなタイプには最適。

音楽もうるさく無くて会話しやすいしクラブ感も無い。

そして店員さんがとても愛想が良く、ただ流れ作業でドリンクを提供するだけのスタンディングバーの店員と比べて接客が素晴らしいのだ!!

 

初めて来店したその日は日曜日の夜で、ガラガラ過ぎず混み合いすぎず全員が席に座れるくらいの丁度良い入店率だった。

L子とソワソワしながら隅の席に着くとその瞬間、男性2人組が私達の向かいのスペースに椅子を移動させて「ここ良いですか???( *`ω´)」事後確認してきた。断る余地は無い。

2人組のうち1人はすごく前のめりで距離感が近く、完全にロックオンされた模様。後ろに下がっても下がってもその分のスペースに前進してくる。前のめり男がテーブルに体重を掛けて前のめってくるとついにはテーブルが傾き、もう1人の男がテーブルにグラスを置こうとしてグラスが落下し衝撃的な音を立てて粉々に割れた。店内がシーンとなり気まずい空気が流れる。

 

「お前何やってんだよ〜(´∀`;)」

いやいやお前が原因だよ!!前のめり男!!!!

 

ん?グラスを割ってしまってテンパってる前のめり男の相方、割とタイプなんですが!!!!!Σ(OωO )

 

しかし前のめり男に隣をキープされる。

近い!!距離が近過ぎる!!!!(;´༎ຶД༎ຶ`)

筆者は距離感が狂っている男が大の苦手だ。

みんなで楽しく会話している手前、あからさまな拒否反応はできず、ひたすら降り注ぐ視線をかわして目を合わさずに必死の抵抗を見せた。

 

逆に相方くんの距離感がとても丁度良い。

全くガツガツしてないが私達に興味がないような態度は取らず、かと言って取り繕う事もなく自然体。

ここ最近はディーンやら肩幅くんやら良い子すぎて女々しいタイプの男に縁があった為、相方くんの不器用で気まぐれで無鉄砲な危うさに男らしさを感じてしまった。

 

なかなか盛り上がったが翌日が月曜日という事もあり、4人で一緒に退店して駅へ向かった。

飲み会の席でカッコいいと思ってテンション上がって喋っていても店を出てみると背がめっちゃ小さかった!!!꒰꒪꒫꒪⌯꒱

なんて事はよくある話。

 

しかし、彼らは…

高身長だったのだ!!!!+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

今のところタバコも吸っていない!!!

(前のめり男は胸ポケットに入ってるのが見えたが)

しかもfacebookで身元調査したところ、相方くんの高学歴が判明!!!

 

なんだアプリじゃなくても条件ピッタリな人に出会えるではないか!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

 

前のめり男はウザったかったが、彼が声を掛けてくれたおかげで一緒に飲めてみんなでLINE交換をする運びとになったので感謝せざる得ない。

 

帰り道、早速前のめり男からお誘いのLINEが届いた。想定内。

みんなで飲もうと促すか、断るか、スルーか、、

しかしもし、このまま相方くんからLINEがこなかったとしたら前のめり男を断った手前、自分から相方くんに送りにくくなってしまう。。

 

ひとまず前のめり男への返信を保留にして、相方くんに連絡したい気持ちを抑えて、あちらから連絡がくる事を願っていた。

 

→続く

肩幅とジレンマ

↑実際会ってみたら会話も楽しく好印象だった彼。

性格もすごく良いし顔も悪くない。

しかも今一番重視したいと言える

結婚観が一致…!!!

 

いつ頃結婚したいか

どんな挙式をしたいか

どこに住みたいか

子供は欲しいか

ペットを飼いたいか

など

 

前回ココが合わなかったせいで

最初から未来を考えられなかった

最重要項目だと思っている。

どんなに好きな人でも未来像が合わないと

この歳から付き合うのは辛いところ。

 

結婚願望の強い男は今までも戦場で多数出会ってきたが、「料理はするんですか?」など品定めの質問ばかりしてくる傾向にあった。

結局、「好きだから付き合う」という流れではなく、嫁探しという目的が先行している為、結婚したら俺が楽できるかというメリット探しをしている印象なのだ。

 

しかし彼は目をキラキラさせて、相手に何かを求めるでもなく未来に希望を持って仲を深めたいという気持ちが伝わってくる。

好印象…!!!

 

私はそんなに心の綺麗な人間ではないのでもちろん品定めの目で相手を見てしまうのだが←

(ただし品定めする質問はいたしません)

彼は話を聞く限り自炊もしっかりしているし掃除や洗濯も溜めずに毎日しているようで一緒に住むにも言うこと無し!

おまけに男三兄弟の三男なので実家の面倒くさい問題もそんなに降りかかってこなそう。

兄2人が既に結婚して子供もいる為、結婚に焦りを感じているそう。

好都合…!!!!

 

こんな言うことなしの彼にやっと出会えたのだが、どうしても悩ましい問題が。。

 

骨格がコンパクトすぎる…( ꒪⌓꒪)

見るからに顔が自分より一回り小さく

身体もめっちゃ細い。

背は170以上あるのだが、細すぎて子供体型なのだ。

私は太っているより痩せている体型のが好みなので、今までも自分より細い人と付き合った事があるが、それにしても規格外なのである。

 

過去の彼達は下半身は自分より細い事があっても

上半身はさすがに自分よりガッチリしていた。

しかし彼はびっくりする事に私より肩幅が狭いと見た。これは大問題。

測って比べたわけではないが、見るからに上半身が華奢すぎる。

 

自分より肩幅が狭いという事は、、

ハグする時にこちらが包み込む形にならざるを得ないよな…?:(;゙゚'ω゚'):

抱きしめられても丸太を抱えてるような状態になるよな…??ヽ( ̄д ̄;)ノ

なんて付き合う前からフライングイメージして悩んでいる。

 

彼はというと、有難い事にこんな私を気に入ってくれた模様。私が言うのもなんだが、完全に恋している目になっているし、頬の筋肉が緩んでしまって仕方ないようだ。私と出会えた事を

「まさか1ヶ月前にはこんな日が来るとは思ってもなかった!✨」なんて大袈裟な事を言っている。

 

どうしたものか(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

LINEを返さないと追撃してくるし

一緒に出掛けたい場所を沢山挙げてくるし

会う約束をしているのに会う前から他にも会う日を提案してくるし…

 

これは肩幅さえ正常であれば喜ばしい話なのに

どうしても肩幅が気になって関係を進められない自分が居る。

結婚に肩幅は影響しないが気になるものは気になるのだから仕方ない。

 

こんな結婚に適した彼を切ったらいつか悔やむ日が来るかもしれないと思いながらも断る言い訳を考えているのであった。

◼︎永遠に会話を展開させない男達

↑前回、LINE交換を希望したくせに会話が受け身すぎる相手に、こちらも意地張って受け身でいたら会話がまったく進まなかった話をしましたが、こうゆうパターンすごいあるあるなんです😂

 

マッチングアプリでマッチングしてあちらから挨拶メッセージを送ってきてくれたはいいが、会話を展開してくれず、こちらも敢えて会話を展開せずに当たり障りのない挨拶を続けると、「よろしくお願いします」「ありがとうございます」をひたすらループし、永遠に会話が進まない現象が起きるのだ/(^o^)\

f:id:lilica_505:20190408215119j:image

以後永遠にありがと&よろしくループ∞

不毛/(^o^)\www

 

f:id:lilica_505:20190408220031j:image

↑こんなに相手がノリノリできてくれても会話が進まなければ関係も進展しないのである。

 

f:id:lilica_505:20190408214958j:imagef:id:lilica_505:20190408215004j:image

↑こんな丁寧に長文を送ってきてくれても

中身はペラッペラ\(^o^)/

何通やり取りしても会話は進まない。

 

意地張らずに私が主導権を握って会話を展開させればいい話なのだが、最初から受け身でしかメッセージを送らない男は良い気になってこちらの質問に答えるだけになり、こちらはインタビュアーになってしまうオチが見えている。

もちろん前回話した通りメッセージのやり取りが微妙でも会ってみると普通にコミュニケーションができるパターンもある。

しかし、受け身で女性に会話をリードしもらおうとしている男が気に食わない…!!!◝₍ᴑ̑ДO͝₎◞

実は上の実例の中に元彼ディーンとのやり取りが混ざっているのだが、実際付き合ってみてもやはり受け身だったな。。(´-`).。oO

 

大抵こうゆう礼儀正しく始める男は悪気はなく、何故女性から返信がこなくなったのか解っていないのだが、会話の進行を相手任せにしていないか自問自答していただきたい。

「ありがとうございます」や「よろしくお願いします」を繰り返して相手のターンにしたところで会話が終わってしまう事に気付いてくれ。

文章のやり取りと実際の会話は別物

前回とにかく会話を重視したい!と書きましたが

メッセージのやり取りで会話が上手くいかない人を切り捨てて会わないのは勿体ないと思っております。

 

なぜなら今まで散々メッセージのやり取りと実際会って会話した時のイメージが違う人と会ってきたから!!!

 

最近は全然アプリもやっていないんだけど

1ヶ月前に1人だけLINE交換した人が居ました。

しかしLINE聞いてきたくせに移行したら完全に受け身で、こちらがリードするのも癪なので同じように受け身対応したら会話が進まず😂

f:id:lilica_505:20190401110736j:image

最近なぜか「良かったら色々とお話しませんか?」と言ってくるアプリ男がめっちゃ多いんだけど定型文があるのかな??

マッチングした時点で次段階は話すしかないのだから愚問だと思うのだけど(^-^)笑

 

普段だったら面倒くさくてこの辺でリタイアしちゃうのですが、他にやり取りする人も居ないので「会話をリードしてくれると嬉しいです😊」と伝えてみたところ、なんとか会話スタート!!

けれども会話の行き違いが多発するし、一般知識が足りなくて頭弱そうだし、ストレスを感じてやり取りが億劫に꒰꒪꒫꒪⌯꒱

 

ただ、私が意地悪に指摘をしたり感じの悪い事を言ってみても、全然気を悪くせずに超謙虚でめっちゃ良い人!!!( ゚д゚)

ディーン二世の予感。。

性格が良いに越した事はないんだが、会話がまともに出来ないと前回と同じ事の繰り返しだ。

 

もう1日1回送るのもかったるいくらいどうでも良くなっていたけど、なんせ他に候補が居ない。

文章だけで判断するのは勿体ないので一回会ってみる事に!!

 

実際会って話してみると、めっちゃ会話噛み合うやん( ゚д゚)

むしろ楽しい!!!

ディーンのようにメッセージのやり取りも実際の会話も上手くできないタイプも居るが、メッセージが下手くそなだけの場合もある。

 

メッセージでも人間性は解るが、コミュニケーション能力やフィーリングのマッチは計れないのだ。

 

【本日の教訓】

百メッセージは一会にしかず。

 

 

CROSS ME